整形外科とは

高齢化社会により、筋肉・骨格・神経系の疾患は多発しています。

整形外科は体の頭部や内臓を除く骨や関節、筋肉、腱、靭帯、神経、椎間板、四肢(手や足)の血管・皮膚などの外傷および障害を取り扱います。
すなわち高齢化社会による筋肉、関節疾患、外傷、スポーツや仕事、家庭などでの外傷や障害、四肢体幹の変形、疼痛全て含まれます。

日常よく遭遇する疾患として

頸椎椎間板ヘルニア、頸椎症、頸椎捻挫(むち打ち損傷)、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)、狭窄性腱鞘炎(デ・ケルバン腱鞘炎、バネ指等)、手根管症候群、変形性関節症(ヘバーデン結節、ブシャール結節、変形性母指CM関節症)、腰椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、そのほかに、骨・軟部腫瘍、関節リウマチ、痛風、骨粗鬆症があります。
ご存知のように、これらの疾患の主な症状は痛みです。

さらに、運動障害や手足のしびれ、変形、筋力低下(手や足に力が入らない)、歩行障害などの症状も当院にご相談ください。
十分な問診と診察により、また補助的診断法としてレントゲン検査や血液検査などを行い診断します。

必要に応じて精密検査としてCTやMRI等の検査を行い詳細な検討を加えます。
そして治療は保存的治療(手術しない方法)が原則です。

日常生活動作の指導やリハビリテーション、薬物療法、注射療法、神経ブロック療法、ギプス療法、装具療法などの保存療法を行います。

しかし、これらの保存的治療にて改善の得られない症例はやむなく手術的治療が検討されます。
それ以外に忘れてはいけないものとして、メタボリックシンドローム、いわゆる生活習慣病の運動療法(高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満)についてもご相談ください。

このページの先頭へ

©こもと整形外科 名古屋市中川区柳森町1703番地 TEL.052-369-2233